お知らせ

【アップデート版】カーポートのメリット・デメリット

こんにちは。

 

今日はカーポートのメリット・デメリットについて

お話したいと思います。

以前にも同じ内容をお話したことはあるのですが、

今回は、実際にカーポートを建てられた

お客様の声もご紹介いたします。

 

 

まず、

カーポートはアルミ、鉄骨、木造、コンクリートと

すべての構造体で建てることが可能です。

ですが構造ごとにそれぞれ特徴があります。

カーポートはアルミで建てられることが多いですが、

立地やデザインなどによってはアルミよりも、

鉄骨やコンクリートなどの他の構造体の方が

理想のカーポートを建てられる場合もあります。

 

 


 

 

それではメリットについてお話していきます。

 

 

カーポートのメリット

1.家までの動線で雨にかからない

2.除雪の手間が省ける

3.ガラスに霜がつかない

4.夏に車内が高温になることを防ぐ

5.車の紫外線からの劣化を防ぐ

6.落下物から車を守ることができる

7.台風時に飛来物から車を守る

8.照明をつけて夜の防犯対策

9.カーポートで家族のイベントができる

10.テラスを作ることで暮らしに新たな一面ができる

 

 

1.家までの動線で雨にかからない

車の乗り降り、荷物の出し入れの際に

“雨が降っていて傘を差さないといけない”

“荷物を持っていて手がふさがっているため、

家まで走らないといけない”

そういった経験はありませんか?

カーポートがあれば慌てて傘をさすことも、

家まで走ることもありません。

 

2.除雪の手間が省ける

雪が降る地域だと大変なのが除雪です。

雪が積もった日はいつもより早起きして

出勤前に車の除雪をしてから出発をする

なんて手間もカーポートがあれば省くことができます。

 

3.ガラスに霜がつかない

寒い時期になるとフロントガラスに霜が降りて

凍っていることはありませんか?

カーポートがあればフロントガラスではなく、

カーポートに霜が降りるので

フロントガラスが凍りません。

 

4.夏に車内が高温になることを防ぐ

カーポートは雨や雪の日も快適に乗り降りできるように

建てられる方が多いのですが、

夏にも活躍します。

屋根があるおかげで直射日光を防げるので、

車内温度を抑えることができます。

 

5.車の紫外線からの劣化を防ぐ

紫外線はタイヤやワイパーのゴムなどを劣化させてしまいます。

ボディの塗装の部分も紫外線の影響で劣化することがあります。

大切な車の劣化を抑えるためにもカーポートは役に立ちます。

 

6.落下物から車を守ることができる

黄砂、鳥のフン、雹などの落下物から車を守ることができます。

日本海側ですと黄砂が飛んできて車が汚れたりしますが、

カーポートはそういった落下物からも車を守ります。

 

7.台風時に飛来物から車を守る

実際に当社でもあったお話なのですが、

台風時に近隣の建物からトタンの屋根みたいなものが

飛んできたというお客様がいらっしゃいました。

そのトタンはカーポートの屋根に乗っていました。

車には傷などの被害はなかったのですが、

屋根がなければ傷がついていたと思いますし、

フロントガラスが割れていた可能性もあります。

 

8.照明をつけて夜の防犯対策

カーポートにライトや防犯カメラをつけることができます。

ですので車の防犯対策や家の防犯対策にも役立ちます。

 

9.カーポートで家族のイベントができる

バーベキューなど屋外での家族のイベントをされる方は

たくさんいらっしゃると思います。

カーポート内はそういったイベントにも使えるスペースです。

高田鉄工サロンにあるカーポートの下でバーベキューなどの

イベントを行ったりしています。

 

10.テラスを作ることで暮らしに新たな1面ができる

雨や雪の日も快適に過ごすためや

車を守るためなど、屋根の下での生活が

快適になるように建てられる方がほとんどです。

ですが屋根をウッドデッキにするなど、

屋根の空間を有効活用する方もいらっしゃいます。

当社でもカーポートの上をデッキにされたお客様が

いらっしゃいました。(施工事例

日差しが当たりますし、屋外のスペースとして

とてもいい空間です。

 

 

 


 

 

ここからはデメリットについてお話いたします。

 

 

 

カーポートのデメリット

1.費用がかかる

2.既製品を建てたが無駄が多くて後悔した

3.家に日差しが入らなくなった

4.思った以上に柱が邪魔になった

 

 

 

 

1.費用がかかる

やはりカーポートを建てるにあたり、

費用が掛かります。

2台用のカーポートでも

安くても50万円以上はかかります。

 

2.既製品を建てたが無駄が多くて後悔した

建てられる前にしっかりとサイズなどを

確認していただくといいのですが、

2台用、3台用と台数だけで判断して購入すると

サイズがぴったりじゃないこともあります。

 

3.家に日差しが入らなくなった

家の前に建物を建てるので

日差しを遮ってしまうことがあります。

どの位置に建てるかなど

しっかりと考えていただければと思います。

 

4.思った以上に柱が邪魔になった

 

片側のみに柱があるデザインのものもありますが、

積雪地域だと最低でも左右に2本ずつ、

4本の柱が必要だと思います。

その柱が邪魔だな…と感じる場合があります。

 

 

 


 

 

まとめ

 

カーポートには大きく分けて

・ストレス軽減

・コスト削減

・防犯・楽しみ

といった3つのメリットがあります。

今の暮らしに+αとなるカーポートは

迷っているなら建てるべきだと思います。

もちろん、デメリットでもお話したように

コストはかかりますし、

決して安いものではありませんので

「思ったよりサイズが大きい…」

「家に日差しが入らない…」

なんて後から後悔しないように

建てる際には業者さんとしっかり打ち合わせを行い、

後悔しない便利で快適なカーポートを

建てていただければなと思います。

 

 

 

 

 

今ご説明した内容は

YouTube動画でもご紹介しております。

料理やお仕事など何かをしながらでも

動画なら耳から情報が入るので、

お忙しい方も見やすいのではないでしょうか。

 

↓動画はこちらからご覧いただけます↓

 

 

 

 

高田鉄工公式LINE

ぜひお友達登録よろしくお願いします!

LINEでは動画の投稿情報や

高田鉄工の楽しいイベント情報を配信いたします。

 

「高田鉄工公式LINE」@ayq8543d

 

 

ご質問などはお問い合わせフォームまたは

お電話でお気軽にご連絡ください。

 

 

 

2020.4.13