お知らせ

重量鉄骨倉庫 完成までの流れを解説

こんにちは。

 

前回のニュースでもご紹介した

重量鉄骨倉庫を建てる流れについて

今回は解説も入れながらご紹介しようと思います。

 

 

1.土工事

 

 

 

まずは基礎の下の土を改良していきます。

写真のように穴を掘り、

セメントで地盤改良を行います。

 

そのあとに”捨てコン”と言われる

コンクリートを打っていきます。

 

これはアンカーといわれるものを

設置するための基礎です。

 

そのあとに型枠を組んで、コンクリートを打ち基礎の完成です。

 

 

 

 

 

2.鉄骨工事

 

 

工場で製作した鉄骨柱などを

レッカーを使い建てていきます。

 

 

 

3.屋根工事

 

 

タイトフレームという屋根の下地を溶接で取り付け、

折半を取り付けます。

 

 

4.外壁工事

 

 

この倉庫の外壁には角波板金というものを使用しました。

 

 

5.内部工事

 

 

内部の地面にワイヤーメッシュを引いて

コンクリートの打設を行います。

 

 

6.外構工事

 

 

倉庫の周辺にアスファルトを引きました。

 

 

7.完成

 

 

 

青色が目を引く素敵な倉庫になりました。

 

 

 

 

 

 

この倉庫を建てる様子は

YouTubeでもご紹介しております。

動画はここには載せていない写真などもあり、

より分かりやすく細かい作業の流れがわかります。

 

是非ご覧ください。

 

 

↓動画はこちらからご覧ください↓

 

 

 

 

 

 

また、高田鉄工公式LINEでは

動画の新着情報などメッセージでお送りしております。

是非お友達登録よろしくお願いします!

 

高田鉄工公式LINE@ayq8543d

 

 

 

2020.5.29