STAFF BLOG

アルミカーポートと鉄骨カーポートの違いを5つの項目で比較

こんにちは。

今日は平成の天皇誕生日。

去年までは祝日でお休みでしたが今年からは平日となります。

うっかりお休みしそうになった方もいらっしゃるのでは??

 

 

 

 

今日はアルミカーポートと鉄骨カーポートの違いを

5つの項目で比較してみようと思います。

使う構造材の違いだけでなくいろいろな違いがあるんです。

 

スタンダードタイプ2台用カーポート 積雪荷重150cmで比較します。

 

 

  アルミカーポート 鉄骨カーポート
価格

65万円~

150万円~

基礎

通常の基礎工事

頑丈な基礎が必要

耐久性 柱の数を増やせば○ 約15tまで耐えられる
柱の本数 6本 4本
メンテナンス 20~30年で買い替え 10年~塗装塗り替え

 

 

表で簡単にご紹介しましたが、1つ1つの項目を比較していきます。

 

 

 1.価格は・・・

 

 2.基礎は・・・

 

 3.耐久性・柱の本数は・・・

 

 4.メンテナンスは・・・

 

 

 

 

 

価格は・・・

アルミカーポートのほうが安いです。

鉄骨の半額以下で抑えられることもあります。

そのため価格重視の方はアルミカーポートを選ばれることがほとんど。

 

 

 

 

基礎は・・・

鉄骨カーポートの場合、鉄骨の重量に耐えられる頑丈な基礎が必要になるので

基礎工事に費用がかかります。

今ある基礎でカーポートを建てようとしても、

鉄骨カーポートだと工事が必要なこともあります。

 

 

 

 

耐久性・柱の本数は・・・

鉄骨は1本1本の柱の耐久性が高く、少ない本数で建てることができます

柱の本数は意外と重要なポイントだったりするんですよ。

柱が邪魔で扉を全開に開けられず、

乗り降りや荷物の出し入れが不便になることもあります。

駐車する際に邪魔に感じることも。

 

私の自宅には2台用アルミカーポートがあるのですが、

片側3本柱で真ん中の柱の位置に気をつけないと

運転席のドアが開けられなくなります。

鉄骨カーポートだと片側2本柱なので、

柱の位置を気にすることなく駐車することができます。

 

 

 

 

メンテナンスは・・・

アルミ、鉄骨どちらもスポンジや雑巾などで拭き掃除を行い、

雨どいにたまった土や枯葉を取り除きましょう。

アルミカーポートは立地条件にもよりますが、20~30年で買い替え時期になります。

鉄骨カーポートも立地条件や塗装の種類によって10年から塗り替え時期となります。

 

建てるときの費用はアルミの方が安いですが、将来的に買い替えが必要です。

長い目で見たとき、鉄骨は塗装の塗り替えをすることで何十年も持つカーポートです。

さらに、鉄骨は亜鉛メッキという塗装を行なうことで

20年以上錆びることがないのでメンテナンスの必要がありません

 

 

 

 

 

 

アルミカーポートにはアルミカーポートのよさ、

鉄骨カーポートには鉄骨カーポートのよさがあります。

皆様はどちらのカーポートがいいと思われたでしょうか?

 

ご予算や利便性、将来のメンテナンスなどを考え、

いいと思われるカーポートをお選びください。

 

 

 

 

 

ご相談、お見積りのご依頼などは

お問い合わせフォームまたは

お電話(076-472-3115)で

お気軽にご連絡ください。

 

2019.12.23