STAFF BLOG

積雪150cm対応鉄骨カーポート

こんにちは。

今日はお日様が出ていて暖かいですね。

冬になると寒さが辛く感じますが、

今日のようにお天気が良いとほっとしませんか?

2019年から2020年にかけての冬は

暖冬になると言われていますが、

雪が降らないというわけではないので、

雪の対策もしっかりしておくと安心です。

 

 

 

 

そして今日は

大雪が降っても安心の鉄骨カーポートのご紹介をします。

 

 

 

 

 

 

まず、雪がどれくらいの重さがあるかご存知ですか?

 

新雪の場合

1㎥で50~150㎏の重さがあります。

標準的な3台用カーポート(6.5m×8m=52㎡)の場合、

約5tもの雪が積もることになります。

 

 

粗目雪の場合

1㎥で300~500㎏もあります。

3台用カーポートの場合14tもの重さになるんです。

※粗目雪は昼間に一度溶けて夜に再び固まった雪

 

 

 

 

 

 

 

ですが、鉄骨カーポートでしたら、

積雪150cm 約20tの積雪でも耐えることができます。

 

20tというと、

一番軽い軽自動車でも約600㎏あるのですが、

その車が約33台乗っても耐えられるということです。

アフリカゾウは1頭約6000kgなので3頭乗れちゃいます。

想像するとすごい光景ですよね・・・。

それだけの雪の重さに耐えられるカーポートも

すごいと思いませんか?

 

 

 

 

アルミカーポートでも

150センチの積雪に耐えられるものはあります。

ですが鉄骨カーポートと違う点は柱の本数です。

3台用で150センチの積雪に耐えられるものになると

9本柱や12本柱になることもあります。

鉄骨でしたら4本の柱があれば耐えられます

 

 

柱が多いと

駐車や乗り降りの際に邪魔になったり、

圧迫感を感じます。

「すっきりとしたカーポートがいいな」

と思われる方には鉄骨をおすすめします。

 

 

 

今回、150cmの積雪に耐えられるカーポートを

ご紹介しましたが、

150cmも積もらないだろうと思っていても、

降った雪が溶けきる前にまた雪が積もる

ということを繰り返しているうちに、

水分を含んだ重い雪になってしまいます。

 

ですので、富山県のように雪が降る地域では、

積雪に耐えられるカーポートを選ぶのは

重要なポイントです。

 

 

 

 

 

 ご相談やお問い合わせ等ございましたら

お問い合わせフォームまたは

お電話(076-472-3115)で

お気軽にご連絡ください。

 

2019.12.16